ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ウエキハウス株式会社新潟県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

最新のプレカット技術、独自のパネル工法を開発し、全国から注文を受ける、地域課題解決にも貢献

最新のプレカット技術、独自のパネル工法を開発し、全国で住宅用建材等の製造販売、住宅の整備。地域課題の解決にもつながる。

代表取締役
植木 忠史

基本情報

所在地:新潟県柏崎市安田7560-2 代表取締役:植木 忠史
TEL:0257-21-4521 設立:1971年(昭和46年)
FAX:0257-21-0935 資本金:8,000万円
URL:http://www.uekihouse.co.jp/ 従業員数:37名

住宅用建材等の製造販売を展開、最新のプレカット技術で全国から注文が来る

住宅用パネルの製造、プレカット加工、エアホール胴縁生産・販売、建築金物開発・販売、建築設計・施工・管理等を展開している。同社の提供するプレカット技術は、最新鋭のプレカットラインの導入により、在来軸組工法・金物工法の2工法を展開し、現場作業の合理化を図るだけでなく、耐震・耐久性も配慮している。また、全自動プレカットラインでは難しい円形や八角形などの高精度な特殊加工も得意としており、全国からプレカット加工の注文が来るようになっている。

独自の在来軸組パネル工法「プレウォールパネル」を開発

また、同社では、独自の在来軸組パネル工法「プレウォールパネル」を開発している。これは、柱と柱の間に入れ込む断熱材と合板が一体となった耐力壁パネルであり、結露を防ぐことによる高い耐久性、外断熱構造による高い断熱性、木造ながら高い壁倍率を示す高い耐震性の特徴を持つ。また、同社ではこのパネル部材を自社で販売するほかに、加工工場と製造ライセンス契約を締結し、全国展開も行っている。

積雪が多く、耐震への関心が高い地域での関心に応える技術開発に取り組む

同社の所在する地域は、積雪量が多く、また中越地震・中越沖地震の経験から耐震への関心が高い。そこで、1999年に「UM金物」「プレウォームシステム気密評定」を取得、パネル構造及びパネル工法も取得するなど、雪対策及び耐震対策を克服する新システムの開発に積極的に取り組んでいる。現在、地元間伐採の利用促進を念頭においた耐震パネルの評価取得を取り組んでいる。積極的に建築士として複数名の女性の登用を実現し女性の視点を設計に活かしている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ