ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ヤマト科学株式会社東京都

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

技術力と独自生産システムで競争力ある理科学製品開発、海外販売を拡大中

老舗理科学製品製造販売業者として、技術力と小売的生産で海外販売拡大中、雇用増加等で経済活性化にも貢献している。

代表取締役社長
森川 智

基本情報

所在地:東京都中央区日本橋室町2-2-1 代表取締役社長:森川 智
TEL:03-3231-1111 設立:1889年(明治22年)
FAX:03-3231-1148 資本金:10,000万円
URL:http://www.yamato-net.co.jp 従業員数:661名

高い技術力を持つ老舗理科学機器製造・販売業者で、積極的に海外へも展開

創業125年の老舗理科学機器販売業者であり、恒温・乾燥機、純水製造装置等企業の試験研究に用いられる各種理科学機器・研究施設の製造販売を行っている。
国内では技術の高さが評価されており、海外には製造拠点を1拠点、販売拠点を2拠点等、合計5拠点を有している。また世界の30数社と代理店契約を締結等、積極的に海外展開中である。
また、総合研究開発センター(R&Dセンター)を有し、研究開発・生産技術の革新に貢献する新製品開発に取り組んでいる。当社が開発した三次元計測X線CT装置等設備装置は高度な技術を背景に高い独自性を持ち、国際競争力を有している。

独自の生産管理システムで生産合理化、効率化を実現し優位にビジネスを展開

多品種小ロットに対応した同社南アルプス工場はセル生産方式を確立した。受注動向に合わせた生産調整で、リードタイムの短縮と在庫・調達管理の適正化を図っている。また独自の生産システムYPS(ヤマト・プロダクション・システム)を構築し、受注から出荷までのサプライチェーン管理徹底による生産活動の合理化・効率化を図っている。
近年は、海外市場にも一定のシェアがあり、海外からの受注にも上記生産方式で対応し安定した収益の確保を目指している。

海外売上増加が見込まれ波及効果で雇用拡大等の経済活性化にも寄与

同社の設備は東京大学、京都大学等国内トップクラスの研究機関で採用済みであり、海外企業からの受注ニーズも高い。
中国重慶では現地生産工場を有し、汎用理科学機器、産業機器の生産を行う等、今後需要が増える中国市場の開拓も進めている。海外事業の売上増加により国内での雇用増加も見込まれ、同社は積極的な採用活動も行っている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ