ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

平和テクニカ株式会社東京都

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

トータルカッティングソリューションを提供し、精密切断に関する悩みを解決

精密切断機器の専門メーカーとして、切断機、切断砥石、クーラントという異なる技術を融合し、取引先に貢献する。タイ等に進出し、グローバル展開。

代表取締役社長
小池 達夫

基本情報

所在地:東京都中央区日本橋浜町2丁目48番4号 代表取締役社長:小池 達夫
TEL:03-3249-0981 設立:1956年(昭和31年)
FAX:03-3249-1578 資本金:5,000万円
URL:http://www.heiwa-tec.co.jp/ 従業員数:75名

三要素を結びつけることによって高度な精密切断技術を提供し、多くの実績を誇る

高速精密切断機は、切断加工が難しい素材でも高速で安定した精密切断を可能にし、ロングライフな部品提供体制、メンテナンスの即応対制でサポートされ、りそな中小企業振興財団から優秀新技術・新製品奨励賞を受賞している。砥石は素材に破壊的ダメージを与えることなくソフトに作用し、優れた切れ味と研削性能で、2次加工の短縮、省略ができ、特に高価な材料では素材の切断ロスを防ぎコストダウンに貢献する。中でも砥石の新製品『ウイルナス』は製造方法が特許登録されている。クーラントは自社砥石専用水溶液として切断効率を高めている。

3つの独自マーケティングを展開し、顧客サービスを充実

神奈川、中部、タイの3箇所にカッテングセミナールームを設置しテクニカフェアを定期開催している。素材と切断機、砥石、クーラントの効率的な選定をデモしている。カッティングカウンセリングサービスを展開し、セミナールームにご来場になれないお客様のために、宅配便やWebサイトを通じ、テクニカフェアとほぼ同じ内容のワンストップ・サービスを提供している。また、最新情報やカタログ等のダウンロードできるなどWebサイトを充実させており、切断砥石のWeb限定販売など、多くのサービスが利用できる。「切断.JP」という精密切断に関する技術情報サイトも公開している。

グローバル企業を目指し、本社の国際化にも取り組む

海外展開に欠かせない本社の国際化も推進している。本社スタッフへの英語、タイ語、異文化研修も実施しており、日本の大学に在籍するタイ人留学生への奨学金支援制度に参加した実績もある。これら取り組みが、国内一辺倒からグローバル化をめざした活気に溢れ、多様性に満ちた労働環境風土、社員意識につながると期待している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ