ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社ヒロカワ製靴東京都

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

世界ブランドに匹敵する高品質な靴をこだわりのものづくりで価格を抑えて販売

こだわりのものづくりとブランドづくりに力をいれ、世界ブランドに匹敵するクオリティながら、価格を抑えた商品を販売する。

代表取締役社長
廣川 雅一

基本情報

所在地:東京都墨田区堤通1-12-11 代表取締役社長:廣川 雅一
TEL:03-3610-3737 設立:1964年(昭和39年)
FAX:03-3616-6915 資本金:2,000万円
URL:http://www.scotchgrain.co.jp/ 従業員数:150名

全て自社でこなし、世界ブランドに匹敵するクオリティながら、価格を抑えた商品を販売する

海外大手ブランドにならぶ高品質な商品を手間暇かけながらも、手ごろな価格である自社ブランド靴「スコッチグレイン」を作り続け首都圏の大型商業施設にも展開している。
同社は、企画から革の仕入れ、デザイン、製造、販売まで、すべて自社でこなす。直営店を、銀座、大阪、ecute上野、スカイツリータウン・ソラマチに展開。御殿場などのアウトレットにも出店。製造工程や部材の効率化にも熱心に取り組み、世界ブランドに匹敵するクオリティながら、価格を抑えた商品を販売する。

こだわりのものづくりとブランドづくり

本社工場では約100人の職人がきめ細かなものづくりをする。人気エリアへの出店やご当地上野動物園のパンダと連携したユニークな商品で話題を呼ぶ一方で、「日本一真面目な靴作り」という軸足は変えず、すべての靴に手間のかかる「グッドイヤーウェルト製法」を採用している。すみだモダンブランド認証の“SPIDER”は製造時に出る小さな革端材や皺のあるネック部分の革を再利用し38のパーツで縫い合わせた革のアートである。更にそれをモルト・ドレッシングで色の変化をたのしむ。こだわりのものづくりと平行して、ブランドづくりに力を入れている。週末は百貨店に出向いて、社長が考案したウイスキー靴磨き「モルト・ドレッシング」の実演を行っている。

地域の雇用創出や中小企業の製品開発及び販売に貢献

墨田区において地域資源を活用した商品開発や災害復興等の地域活性化に積極的に取り組むと共に、地域の雇用創出に貢献しいている。また、一括仕入れした革を墨田区内の革製品製造企業に提供すると共に、制作したバック等の革製品を、同社の各店舗で販売するなど、地域中小企業の製品開発及び販売に貢献している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ