ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ドーバーシーフーズ株式会社東京都

  • 海外展開
  • サービス

2015

日本の食品メーカーがベトナムの水産加工工場に加工を委託する際の仲介役として活躍

日本の食品メーカーとベトナムの水産加工工場の間で双方のニーズを汲みとり信頼を得ている。さらに、ベトナムから第3国への輸出も開始し、今後、海外展開のさらなる拡大が期待できる。

代表取締役
土橋 猛

基本情報

所在地:東京都中央区築地2-14-6-504 代表取締役:土橋 猛
TEL:03-6228-4973 設立:2009年(平成21年)
FAX:03-6228-4974 資本金:400万円
URL:http://www.doverseafoods.com 従業員数:6名

ベトナムでの水産物の輸出入において日本企業の業務負担軽減に貢献

ベトナムを中心に水産物の輸出入、国内販売、日本企業がベトナムの水産加工工場へ加工委託する際の業務請負を行っている。
ベトナムでの貿易業務を通じ、現地の水産加工工場を30社程度把握しており、日本の水産食品メーカーが加工委託先をベトナムで探す際に、候補となる工場を紹介している。併せて、加工委託工場での生産体制や衛生管理に関する業務を同社が請け負うことで、日本企業のベトナムでの業務負担を軽減する役割も担う。

水産物の輸出入業務及び国内販売、海外加工の請負・代行、水産物の輸出入代行

日本の食品メーカーが加工を希望する魚種に応じて加工できる工場を紹介する一方で、ベトナムで調達できない魚種を日本や韓国など第三国から調達し輸出を行い両者の橋渡しを行っている。取引開始後は、同社がベトナムの加工委託工場の管理業務を受託している。また、日本の食品メーカーと現地工場の双方の意見をまとめ、良好なビジネス関係構築の役割も担っている。
また、ベトナムで水産物(原料)を調達、加工、第3国へ販売するビジネスも開始し、ベトナムを起点にビジネスを拡大している。
上記の同社業務により、日本の食品メーカーは、現地に赴き自社で衛生管理等を確認する必要がなくなり、ローコストかつ安心して生産を委託することができる。

ベトナムの衛生管理レベルの工場に貢献

ベトナムの工場は、日本に比べ衛生管理体制に遅れがある。同社が仲介し、日本の食品メーカーの加工を委託することで、ベトナムの食品工場に日本の厳しい衛生管理基準やその必要性が伝承され、今後、現地工場の衛生管理レベルの向上が期待される。

このページの先頭へ

このページの先頭へ