ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

スズトクホールディングス株式会社東京都

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

長年培った技術・ノウハウで金属を中心としたリサイクル事業を海外展開

全国的に最大規模の金属を中心としたリサイクル、廃棄物処理のグループ。長年培ってきた技術・ノウハウを活用してグローバル展開を開始し、タイへの海外進出を行った。環境への意識も高く、社会貢献度が高い。

代表取締役社長
伊藤 清

基本情報

所在地:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル15階 代表取締役社長:伊藤 清
TEL:03-5204-1890 設立:2007年(平成19年)
FAX:03-3277-3277 資本金:10,000万円
URL:http://www.suzutoku.co.jp/ho/ 従業員数:26名

長年培ってきたリサイクル技術により資源の有効活用に貢献

スズトクホールディングスは、金属スクラップを中心に、プラスチック、また自動車・家電などのリサイクルを行うグループの持株会社で、傘下8社の事業会社を通じて、関東を中心にリサイクル材料を収集・加工、鉄鋼メーカー等に販売するなど、限られた資源の有効活用を意識しつつ、リサイクルを行っている。
同社の母体となった傘下の事業会社は創業110年を超えるなど、長年培ってきたリサイクル技術や製品の信頼性は高い。このような技術・ノウハウをもって、新興国でのリサイクル・環境ビジネスへの貢献を念頭に、タイに進出(現地企業と合弁)している。

広範な回収ネットワークとリサイクル技術で底堅い金属等の需要に対応

全国的にも最大規模で、変動の激しい金属スクラップ市況の影響を受けつつも、底堅い金属スクラップ需要、また様々なリサイクルに取り組むことで、安定した収益性を有している。
金属スクラップやリサイクル材料の回収のための広範で多種多様なネットワーク、回収のための輸送手段の確保などにより、長年事業を継続してきた信頼性とも相まって、安定した収益の確保が可能となっている。
こうした金属スクラップやリサイクル材料の発生は、インフラ整備が進行し、自動車や家電製品の販売数が伸びている新興国で増加しており、タイへの展開の背景になっている。

タイでのリサイクル需要に応え、また現地での原材料の供給を行いグループ業績に貢献

タイでは、インフラ整備の進展に伴う鉄等の原料、また環境負荷を抑制するリサイクルの需要は高まっており、今後タイ法人の金属スクラップをはじめとしたリサイクル事業は、グループの業績に大きく寄与することが見込まれている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ