ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

大田精工株式会社東京都

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

設計から取付まで自社にて行うことにより、高精度加工、多品種少量生産を実現

精密小型歯車、精密機・光学機器・電子機器・OA機器等の精密部品の製造及び組立が主な業務。本社を超える売上げを海外で実現している。

代表取締役
飯島 好人

基本情報

所在地:東京都大田区中馬込3-24-6 代表取締役:飯島 好人
TEL:03-3776-1020 設立:1958年(昭和33年)
FAX:03-3776-1023 資本金:1,000万円
URL:http://ohtaseiko.com/ 従業員数:75名

高度の生産技術により自社にて生産設備の製作、修理を可能に

精密小型歯車、精密機・光学機器・電子機器・OA機器等の精密部品の製造及び組立が主な業務である。当該企業は、汎用機から専用機に至るまでオリジナリティ豊かな付属装置を設計から取付まで自社にて行うことにより、高精度加工、多品種少量生産を実現している。また、高度の生産技術により自社にて生産設備の製作、修理を可能にしている。海外進出という点では、本社を超える売上げをマレーシアで獲得している。タイ、マレーシア、中国で大規模工場を運営、堅実な経営により安定的に収益を上げており、マレーシアの進出日系企業の代表格である。

海外需要の獲得と本社のマザー工場としての機能強化を同時に実現

海外工場を有効活用することにより、取引拡大と共に日本国内の技術力向上につなげている。1994 年にマレーシアに工場を設立して以降、タイ、中国に進出を果たしている。日本本社と海外グループ会社の役割分担を明確にし、海外需要の獲得と本社のマザー工場としての機能強化を同時に実現している点に特徴がある。また、日本の景気に影響されない経営を実現するため、経営の現地化を推進している。

海外工場で汎用品を量産する一方、日本工場で高度先端部品を製造

同社は、海外工場で汎用品を量産する一方、日本工場で高度先端部品を製造している。海外工場の利益を日本工場に還元して設備投資の原資とすることにより、国内の技術力を高めることに成功している。また、海外からの利益を新設備の開発、高度な加工研究の追及に投入することにより、新規雇用創出にも繋がっている。中国上海営業所の責任者をはじめ、海外拠点では女性の管理職が数多く活躍している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ