ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社アイティエスニッポン東京都

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

旧ソ連諸国への貿易基盤確立済みで、今後の経済交流活性化に大きく貢献を期待

従来の貿易活動で先駆的実績により基盤を築いており、今後拡大が期待されるウズベキスタンなどと貿易交流活性化では大いなる貢献が期待できる。

代表取締役
吉田 明広

基本情報

所在地:東京都中央区日本橋人形町2-32-11早佑ビル3F 代表取締役:吉田 明広
TEL:03-3667-5066 設立:2001年(平成13年)
FAX:03-3667-5055 資本金:1,000万円
URL:http://www.itsnippon.jp/ja/aboutus/index.html 従業員数:6名(海外8名)

ロシア及び旧ソ連諸国への貿易業務を展開

ロシア及び旧ソ連諸国への貿易業務を担う。中古車・中古建機の輸出を中心に発展してきたが、今では、各種メーカーからも厚い信頼を獲得し、あらゆる分野での輸出を担っている。
同社は、ウズベキスタンに子会社を設立する唯一の本部物流会社である。創設以来、一貫してウズベキスタンを中心にロシア・CIS圏で物流業務を展開し、日本企業は元より世界各国の企業からも信頼されている。ウズベキスタンは、今後、我が国との経済関係が大きく発展すると期待され、その基盤整備を含め本邦企業の先駆けで果たしてきた成果は高く評価されている。

経済関係が大きく発展すると期待されるウズベキスタンとの物流事業に優位な存在

本邦物流企業の現地におけるパイオニアとして、ウズベキスタン市場の開拓に取り組み、同国向け機材の現地通関手続、国内配送業務等を展開してきた。その後、日本からカザフスタンやキルギス向けの中古車輸出へと業務拡大し、昨今は、極東その他のロシア向けの中古建設機械や新品の道路建設用プラント設備の輸出に事業を拡大している。タシケント市内の子会社を通じて展開してきたウズベキスタンでの物流事業では、同国政府から大きな信頼を得て業務実績もある。

ウズベキスタンとの経済交流活性化、関連事業への波及に大きく貢献

ウズベキスタンは、中央アジア最大の人口、豊富な資源を有し、大変な親日国であると同時に、日本企業・製品への憧れが強い。これらから今後、我が国との経済関係は大いに拡大すると予想されるが、同国に現地子会社を設立し、その長年にわたる経験、実績を持ち、深く市場に定着している同社は、経済交流の活性化と国内関係業界の活性化に大きく貢献すると考えられる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ