ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

鎌ケ谷観光バス有限会社千葉県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

公共交通機関空白地区で、地域密着型移動手段の提供、地域活性化に大きく貢献

ニュ-タウンエリアに安価で利便性が高い移動手段を提供し、住民の利便性を確保するとともに、住民と連携して地域経済の活性化に大きく貢献している。

代表取締役社長
徳永 博

基本情報

所在地:千葉県鎌ケ谷市軽井沢2007 代表取締役社長:徳永 博
TEL:047-444-3154  設立:1976年(昭和51年)
FAX:047-444-3150 資本金:4,800万円
URL:http://www.kamagayakanko-bus.co.jp/index.html 従業員数:16名

公共交通機関の空白地区で、住民の利便性を考慮し旅客運送業を展開

有限会社鎌ヶ谷中古車センター(中古自動車販売業)として1976年創業した。1994年に旅客運送事業に進出し、1997年に現在の商号に改称した。
現在、大型バス5両・中型バス3両・小型バス4両を保有し、一般貸切旅客運送事業及び観光事業、一般乗合旅客自動車運送事業等を運営している。新規都市開発によって公共交通利用空白地区ができた地域にてサービスを展開している。

ニュータウンエリアに、安くて手軽な移動手段の提供

高齢者・障害者や通勤・通学者への対応をするべく、民間企業として新たな交通手段として市民バスの運行を計画・運営を開始。これらの取組によって、地域の交通システム再構築に寄与するとともに地域課題に対応し、地域の需要に応えている。ここはニュータウンとして開発が進んでいるエリアであるが、公共交通機関は鉄道一社に依るところが大きく、料金・駅の間隔等住民から改善の要望が多い状況にあった。そこに鉄道と並走するルートでバス路線を確保し、公的補助を受けずに鉄道運賃の半額程度で利便性の高い「安くて手軽な移動手段」を実現している。

地域密着型の交通機関として企業誘致や地域経済活性化に貢献

かねてより当地で進められた、広大な土地と都心からのアクセスの利点を活かし、学園や大型事業所施設の誘致に貢献。地元のコンビニエンスストア、美容室等の中小企業からPR協力を得て、「生活バスちばにう」という名称のもと地域密着型の交通機関として地域経済にも貢献している。
近距離定時運行という利点を活かし、子育て中の女性ドライバーが働きやすい環境づくりを試みている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ