ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社大熊製作所埼玉県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

高いプレス板金の技術力と生産管理が認められ、中国での取引が拡大

2004年に中国蘇州に工場を設立して以来、中国で取引先を拡大、成果がめざましい。生産管理についても中国政府から認定を受けている。

代表取締役
大熊 高志

基本情報

所在地:埼玉県川口市安行領根岸26番地 代表取締役:大熊 高志
TEL:048-282-5376 設立:1944年(昭和19年)
FAX:048-284-3015 資本金:1,000万円
URL:http://ohkuma-seisaku.co.jp 従業員数:134名

最新鋭のNC機器を駆使し、小ロット、短納期、高品質を実現

同社は、トラック・建設機械・バス等のブラケットやステー類、鋼板を成型するプレス板金メーカーで、自動機器・専用機などでの大量生産ではなく、汎用機を駆使して、少量多品種に対応している。レーザー加工機等を駆使し、精密かつ高効率な生産を推進することにより、数量1個からのオーダーでも対応可能である。
また、同一材料でのグループ化による取り合わせを行うことにより、月に5,000アイテムの生産を可能にするなど、客先のニーズに柔軟に対応できる技術力を持つ。国内自動車メーカーより、高品質の技術・製品を持つ企業に対して贈られる「優秀企業賞」を受賞している。

職人の技を武器に、少量多品種のオーダーにフレキシブルに対応できるビジネスモデルを展開

他社では対応できない少量多品種のオーダーにフレキシブルに対応しており、同社のビジネスモデルは収益性に優れている。海外の地元メーカーからも難しい製品の引き合いがあり、一定のシェアを保持している。また、本社取引先のメーカーの海外進出の際には、同社は引き続き海外において受注を得ている。
川口本社工場、栃木・中国・タイ・インドネシアとグローバルに展開しており、職人の技を武器に海外需要を掘り起こしている。また、国内・国外拠点で共通の方針管理を持つことにより、相互間の協力体制が整い、管理体制の整備に繋がっている。

地元雇用の維持、後継者の育成に貢献

海外へ指導者を派遣し、社員だけでなく海外拠点の地元の工業高校生も指導し、積極的に技術伝承を進めている。また、毎年地元の工業高校生を新規採用し、職場の活気を高めるとともに技術の伝承を進め、後継者を育てている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ