ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

増田煉瓦株式会社群馬県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

都内高層ビル内など特殊な場所でも窯の施工や設置ができる国内唯一の企業

煉瓦の製造・販売から創業し、地域に根ざした経営をしている会社。長年培ってきたノウハウと職人の技を駆使し、顧客に真心を込めた製品等を提供。

代表取締役
増田 晋一

基本情報

所在地:群馬県前橋市石倉町4-18-11 代表取締役:増田 晋一
TEL:027-251-5824 設立:1917年(大正6年)
FAX:027-251-4185 資本金:1,000万円
URL:http://www.masudarenga.co.jp/ 従業員数:15名

独自の技術で高層ビル内でも窯の施工・設置が可能

窯業界は既製品が多い市場であるが、現場で組み立てられるという技術的強みを活かし、都内高層ビル内や車載窯など特殊な場所で施工や設置ができる国内唯一の企業で、ピザ窯製造で培った技術をベースに、窯煉瓦を使用したガス式のパン窯やグリル窯を提供している。虎ノ門ヒルズ52階のレストランに納品するため、安全装置の追加、VAVシステムとの連携制御を採用したグリル窯を導入した。日本郵便ビルなど都市部高層建物では、独自の安全基準で製造・設置管理を行い、軽量化と高い安全性を実現した。

基本設計から製造・施工までの一貫体制を構築

Made in Japanにこだわり国産バーナーを採用。地元の燃焼機器メーカー出身技術者の指導のもと、窯に適したバーナー燃焼構造や給排気設備環境が異なる様々な店舗設置環境に対応。本場イタリア製のピザ窯にも引けを取らない自社製品を企画・提案し、市場でのシェアを拡大している。また、発注先の要望に沿って基本設計から製造・施工・メンテナンスまでの一貫体制を構築している。
ピザ窯やグリル窯の製造にあたっては、煉瓦ドームを支える架台等金物部分の特殊加工を地元の赤城プラント工業からの協力を得るとともに、燃焼炉部分の煉瓦の加工をはじめ、製品の設計段階から燃焼効率を高めるために必要な人材や技術交流も積極的に行い、異業種を含めた地元企業との連携と異業種参入だからできる業界全体の技術レベルの向上に努めている。

独自の技術を確実に伝承

各々が持つ専門性を共有することを目的に、新入社員を含めたチームを編成し、窯づくり技能を習得させている。その結果、窯を構成する煉瓦等の部材の性質・耐久性・加工等の技術が伝承され、製造工法を確立し安定した品質の窯づくりを実現している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ