ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

群馬県製麺工業協同組合群馬県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

「おっ切り込みご膳」の販売やHP等での共同宣伝により、「群馬県の麺」をアピール

共通ブランド商品「おっ切り込みご膳」の販売やHP・雑誌掲載による共同宣伝により、全国に向け「群馬県の麺」をアピールする。

理事長
星野 陽司

基本情報

所在地:群馬県前橋市朝倉町四丁目6番3号 理事長:星野 陽司
TEL:027-261-5692 設立:1953年(昭和28年)
FAX:027-261-5699 資本金:1,365万円
URL:http://www.jyosyu-udon.jp/ 従業員数:1名

組合がパッケージ、具材等を組合員に提供し、組合員は自社の麺をパッケージに入れ販売

群馬県下の製麺業者29社による同業種網羅型の組合で、小麦粉、塩等の共同購買、共通ブランド商品「おっ切り込みご膳」の販売やHP・雑誌掲載による共同宣伝により、全国に向け「群馬県の麺」をアピールしている。
共通ブランド「おっ切り込みご膳」は、幅広麺と県産食材中心のレトルト具材、スープがセットになっており、組合がパッケージと具材、スープを組合員に提供する。

群馬県の郷土料理「おっきりこみ」を県内外に群馬ブランドとして発信

組合からパッケージと具材、スープが提供されると、組合員は自社の幅広麺をパッケージに入れ販売する独自のビジネスモデルとなっている。
また、同組合は、「群馬のうどん」の美味しさを県内外に向け発信している。とりわけ、郷土料理おきりこみの普及を図るため、共通ブランド「おっ切り込みご膳」を立ち上げ販売を開始し、うどん産地としての認知度アップに寄与している。

うどん産地としての認知度アップに寄与

群馬県内一円の組合員企業が連携し、共通ブランドを立ち上げたことにより、おっきりこみの認知度、需要の底上げが図られ、組合員、具材・スープ製造業者の売上が向上した。
群馬県が進める「名物料理発信プロジェクト」や世界遺産・富岡製糸場周辺商店街の土産品開発事業との連携は、うどん産地としての認知度アップに寄与し、地域経済への波及効果も大きい。また、HP上に群馬県産小麦の紹介、麺に関するイベント情報、麺料理を掲載するなど、購買行動に結び付く工夫をしている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ