ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社池田製作所群馬県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

Small but independent world enterprise.

自動車産業のグローバル化を受け、いち早く海外展開を図る。国内の生産体制を強化しつつ、生産技術や品質管理手法を積極的に海外に技術移転し、海外におけるJAPAN品質の製品の生産体制を構築。

代表取締役
池田 剛一

基本情報

所在地:群馬県太田市西新町135-3 代表取締役:池田 剛一
TEL:0276-31-3131 設立:1962年(昭和37年)
FAX:0276-31-3136 資本金:4,800万円
URL:http://www.ikeike.co.jp/ 従業員数:200名

プレスシェービング方式で成形する板鍛造工法を採用し、コストダウンに成功

同社は、ブレーキ、ショックアブソーバやステアリング部品などの重要保安部品を製造し、数多くの大手自動車部品メーカーに納入している。
同社は、自動車シートモータに使用されるギア部品について、平板から素材を増厚させて形状生成し、外周のギア形状部を独自のプレスシェービング方式で成形する板鍛造工法を採用し、この工法により、従来の切削加工主体の成形加工に比べて約70%のコストダウンに成功した。また、同社は、高張力鋼板(ハイテン材)の板鍛造工法と増厚成形の融合技術を使用した製品の加工、780MPa級の高張力鋼板の加工技術を有している。

一貫生産体制と海外生産拠点の整備により高品質な製品をタイミングよく最適コストで納品

グループ内で、金型設計・製作からプレス成形、溶接、表面処理(塗装)までの一貫生産体制を構築していること、早期に海外展開を図り生産技術や品質管理手法を積極的に海外に技術移転して、JAPAN品質の製品を世界同時に立ち上げられる生産体制を敷いていることで、高品質な製品を必要とする場所にタイミングよく最適コストで納入し、取引先から高い評価を得ている。また、英語や中国語での対応が可能な体制を整えている。

海外ビジネスがきっかけとなり国内での取引へと波及

グループ全体で1,000名超の雇用を創出しているとともに、海外研修生を定期的に受け入れている。
また、独立系メーカーであることを活かして、海外では国内で取引実績のないミッションやシート系自動車部品メーカーとの取引に成功し、海外での取引をきっかけに国内での取引をスタートさせていることから、海外ビジネスの波及効果が認められる。
同社では、従業員に金属プレス技能検定等の受検を奨励し(正規従業員160名中48名が1級金属プレス加工技能士)、従業員一人ひとりが確かな技術と知識を身につけて、同社に蓄積された技術を承継し新工法の開発や製品開発に取り組んでいる

このページの先頭へ

このページの先頭へ