ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社村上栃木県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

宇都宮中心商店街を盛り上げるべく新しい企画イベントを考案

中心市街地の活性化を図るため、「宇都宮屋台横丁」をオープン。宇都宮の観光スポットとしての役割を有し、近隣商店街の賑わい、中心商店街への回遊性向上など、中心市街地の賑わいの拠点として貢献している。

代表取締役
村上 龍也

基本情報

所在地:栃木県宇都宮市問屋町3172-54 代表取締役:村上 龍也
TEL:028-656-3111 設立:1877年(明治10年)
FAX:028-656-3798 資本金:9,600万円
URL:http://www.utsunomiya-yataiyokocho.com/ 従業員数:10名

石炭・石油製品の販売から温浴事業へ業種転換、「宇都宮屋台横丁」をオープンし市街地活性化に貢献

創業当初は、肥料商であった。石炭販売・石油製品販売を中心に、東日本では初めてとなる連続洗車場なども手掛ける。その後石油業界から全面撤退し、新規事業として温浴事業に取り組み、2003年中心市街地活性化事業「宇都宮屋台横丁」を展開している。
中心市街地活性化事業としての「宇都宮屋台横丁」は、約150坪の敷地に路地を通し、その両側に4坪ほどの小さな屋台を23軒連ねた商業施設である。宇都宮市や宇都宮商工会議所の中心市街地活性化の意向に賛同し、民間企業として立ち上げ、宇都宮市のPRや地元の地域経済活性化に力を入れて事業を展開している。

昔ながらの屋台を大衆文化として捉え、地域ブランドとして活性化を図る

失われつつある大衆文化としての屋台を大切に後世に伝えていくことにより、屋台や飲食の活気がそのまま地域の活力に直結することを自覚し、自分たちの仕事を通じて中心市街地活性化に取り組み、地元宇都宮を愛する心が「誇り」として自慢できるよう、また、その輪が自分たちだけでなく地元商店街や地域社会に広がるよう、様々な企画や活性化イベントを実施して地域ブランドをPRする。同様の目的を共有できる団体や企業との積極的な連携にも着手。併せて「宇都宮屋台横丁」自体が地域ブランドとなれることを目標に、日々の営業に努力している。

屋台を通しての中心市街地活性化をまちづくり推進機構とともに発信し全国に展開

屋台は古くからの大衆文化であり、そこに息づく大衆の力は、常に時代を動かしてきた。
全国から既に110件を超える視察を受け宇都宮まちづくり推進機構と共に対応。検討段階からの相談に応じて栃木県内では3箇所、全国では16都市以上で、同様の事業が展開されている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ