ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

フタバ食品株式会社栃木県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

世界の食品市場をターゲットに事業を展開、6次産業への取組にも貢献

アイスクリームで世界の食品市場をターゲットに事業を展開。また、6次産業への取組として、地域の一産品を活かした商品も数多く開発。

代表取締役社長
増渕 正二

基本情報

所在地:栃木県宇都宮市一条4丁目1番16号 代表取締役社長:増渕 正二
TEL:028-634-2441 設立:1945年(昭和20年)
FAX:028-634-5455 資本金:49,200万円
URL:http://www.futabafoods.co.jp 従業員数:275名

国内で確立した技術に基づく高い品質と繊細な味は海外でも評価

同社は、「サクレレモン」に象徴されるように、海外メーカーにはないかき氷アイスの製造技術を持っている。同社は、日本国内市場で信頼性を得ており、ロングランのヒット商品を持っている。
日本で確立した製造技術、品質、繊細な味及びブランド力は、海外でも評価されている。大量生産技術があり、海外での価格競争力を有している。

日本食市場のみならず世界の食品市場をターゲットにしたビジネスモデル

味噌・醤油・日本酒に代表される日本食品は、海外では一定の市場はあるものの限定的な範囲に留まっている。一方、アイスクリームは、すべての国・人がターゲットとなりうる大きな市場である。同社の取組は、これまでの日本食市場のみならず、世界の食品市場を目指したビジネスモデルである。日本国内で培った製品力と価格競争力で、海外での収益性がある。同社は、既にアジア・米国へ製品を輸出しており、海外での適合性を有している。
同社は、海外事業の拡大により、会社全体の売り上げを向上させており、また、輸出市場に参入することで、市場に対応する新製品開発につながっている。

地産地消、6次産業に対する取り組みを展開

同社では、中山かぼちゃアイスクリーム(栃木県那須烏山市)、ゆずアイス(栃木県茂木町)、かんぴょうのきんぴらまん、パンプキンスイーツまん(宇都宮短期大学付属高校)など、地産地消、6次産業に対する取組を展開している。
同社における輸出担当者はすべて女性で、女性らしいセンスとアイディアを製品に生かし活躍している。また、輸出の拡大により、新たな人材雇用を期待できる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ