ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

柳沼プレス工業株式会社福島県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

自動車部品表面処理分野で中国進出を成功させるオンリーワン企業

亜鉛メッキ、カオチン電着塗装の技術的蓄積を生かし、中国進出を成功させる。また、中国の厳しい環境基準にも対応している。

代表取締役
栁沼 裕子

基本情報

所在地:福島県二本松市槻木241番地 代表取締役:栁沼 裕子
TEL:0243-23-2525 設立:1960年(昭和35年)
FAX:0243-23-4918 資本金:19,000万円
URL:http://www.yaginuma.co.jp 従業員数:107名

被災後中国に進出し成功した金型プレスの設計、プレス加工、表面処理メーカー

自動車部品、電気機器部品、産業機器部品、OA関連部品用の金属プレス金型の設計製作、プレス加工、亜鉛メッキ・塩ビコーティング処理、カチオン電着塗装、粉体塗装、静電塗装などを行う。中国広東省で自動車部品表面処理(亜鉛メッキ、カオチン電着塗装)を行うオンリーワン企業であり、専門性の高い分野で進出を成功している。同社は東日本大震災で本社が被災しているが、被災後の2011年8月に中国に進出し、軌道に乗せている。

中国でも日本と同等の品質水準を達成

同社は亜鉛メッキ、カオチン電着塗装で30年以上の技術的な蓄積を持つ。日本で構築した技術により汎用ラインにて高品質かつ多様な素材(一般鉄、表面処理鋼板、アルミニウム、アルミダイキャスト、鋳造・鍛造品、等々)・複雑な形状に対応できる技術を有している点も特徴であり、中国でも日本と同等品質レベルの製品提供が可能である。
また、同社は日本、中国に工場を持ち、グローバルに部品を供給できる体制にあること、緊急時のバックアップ生産が取れることから、サプライヤーの集約も行っている自動車部品メーカー等からも継続して受注を得ている。

中国の厳しい環境基準にも適合

中国でのメッキ業は環境基準の観点から新規進出が困難になってきているが、同社は工程内リサイクル率の確保及び環境基準をクリアした工程設計と独自の管理技術を持っており、貴重なメッキ、カチオン電着塗装業者として今後の一層の需要増加が見込まれる。
同社は表面処理専門メーカーという形で進出しており、大手自動車メーカーと垣根を越えた幅広い取引が可能であり、今後の成長が期待される。

このページの先頭へ

このページの先頭へ