ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社向山製作所福島県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

親会社に依存するだけではなく、異業種分野の事業を立ち上げ、雇用を守る

雇用を守るために親会社に依存する下請けの仕事だけでなく自活できる仕事を模索。新たにフード事業部を立ち上げ、ヒット商品を次々に開発。

代表取締役
織田 金也

基本情報

所在地:福島県安達郡大玉村大山字西向26 代表取締役:織田 金也
TEL:0243-68-2455 設立:1990年(平成2年)
FAX:0243-68-2457 資本金:2,000万円
URL:http://www.mukaiyama-ss.co.jp 従業員数:90名

新たにフード事業部を立ち上げ、ヒット商品を開発

電子部品事業は、顕微鏡を使用しながら行う微小サイズのハンダ付け技術で、大手企業の技術コンサルタントを複数請け負うほど定評があるほか、有機ELパネルのアッセンブリなど先進的な技術を有しており、大手電機メーカーや大学と共同で研究や商品開発に携わっている。
フード事業部は、オール福島産の商品作りをコンセプトにゼロからレシピを開発。第一弾の「生キャラメル」は、口コミで評判が全国に広がり国際線のファーストクラスにも採用された。

電子部品会社が開発した本格スイーツは国内・国外から高い評価

従業員の雇用を守るため、「新事業を立ち上げたい」「新たな事業を立ち上げるなら一般消費者に提供できる製品、自分たちが主役となれる製品づくりをしよう」と考え、既存の社員だけで新たにフード事業部を創設、試行錯誤を繰り返しながら「生キャラメル」を開発した。滑らかな口どけと食感、地元産品を使った様々なフレーバーで人気商品となる。その後もプリンやシュークリームなど新商品を次々に開発、震災後も変わらぬ評判が評価され、2013年には東京丸ノ内のKITTEに進出。またフランス パリで行われる世界的なスイーツの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に2012年より3年連続出展し海外で大きな評価を受け、日本発のキャラメルブランドを確立しつつある。

女性従業員の活躍、新規雇用創出に貢献

フード事業部創設メンバーは、全て元々電子部品製造の女性従業員であり、現在も店舗マネージャーや商品開発は全て女性従業員が担当、その中から女性管理職を2名抜擢しており、フード事業従事者30名中26名が女性でもある。今年度は新卒者10名雇用(女性9名)するなど、雇用創出にも寄与している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ