ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社北日本金型工業福島県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

ANF立ち上げにより産官学連携による会津地区の活性化に貢献

企業経営者の立場から、会津産業ネットワークフォーラム(ANF)を立ち上げ会津地区の地域活性化に取組、参加企業の個々の技術向上を進める等、その功績により地域に貢献している。

代表取締役
小椋 庄二

基本情報

所在地:福島県会津若松市河東町浅山字仲田40-1 代表取締役:小椋 庄二
TEL:0242-75-4731 設立:1978年(昭和53年)
FAX:0242-75-3907 資本金:1,000万円
URL:http://www.njmould.co.jp/ 従業員数:65名

IT技術を導入しペーパーレスの金型製作を実現

プラスチック金型及び射出成型から組立までの一貫生産を主業務として実施。売上比率的には金型事業部が43.5%、成形事業部が56.5%であるが、金型に比重を置くことで成形へと繋げている強みがある。CAD、CAM、CAEといったソフトを駆使した3Dデータによる設計・製造や自動化された加工システム、自動パレットによる成形といった生産環境も整備して多品種小ロット受注への対応を可能にし、その生産方式は広く受け入れられて現在の事業基盤の祖を築いている。

金型・成形・組立までの一貫生産体制を構築しパッケージとして供給できるビジネスモデルを構築

会津地区は大手や中堅企業の工場進出が多く、下請先から加工部門としての結びつきが強いのに対し、同社は単一企業からの受注には依存しておらず、上場企業又は子会社、オンリーワン企業を顧客とし金型単体から、金型・成形或いは金型・成形・組立までの一貫生産体制を構築し供給できるビジネスモデルを形成している。一方で、会津地域での同業・異業種との技術交流のみならず、共同による3S活動、企業変革活動等を推し進め地域ブランドの創造を図っている。会津地域の産業振興を目的に産、官、学、金で会津産業ネットワークフォーラム(略称:ANF)を立ち上げ主宰している。現在60社以上の企業と団体、大学、金融機関等が参加している。

最新のシステム機械と人手による仕上げ作業

3DからCAM化されたデータは最新鋭の無人化運転対応のシステム機械で24時間加工可能な体制となっているが、仕上げ加工では熟練工が若い工員にマンツーマンで指導し、技術の伝承や工員育成に力を入れている。また研磨加工部門や量産までの試作作業ではきめ細かい作業が得意な女性技能者を積極的に活用している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ