ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

入三機材株式会社福島県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

ベトナムで医療・産業有害廃棄物焼却炉を展開、開発途上国の課題解決を目指す

医療有害廃棄物用・焼却炉として、初のベトナム環境法基準合格製品。今後、ベトナムをはじめ、アセアン諸国での営業展開を図る。

代表取締役
上西 皓愃

基本情報

所在地:福島県福島市松浪町1?34 代表取締役:上西 皓愃
TEL:024-534-3175 設立:1968年(昭和43年)
FAX:024-535-4840 資本金:1,000万円
URL: 従業員数:15名

ベトナムの法令に唯一準拠する医療廃棄物用焼却炉

同社はもともと空調機器、菅工機材、住宅設備機器等の産業機械器具の卸売販売業をメインとするが、2011年、ベトナム工業化発展に伴う公害問題支援のため、焼却炉等環境装置製造・販売事業会社の構築を図った。
同社の提案する焼却炉は、JICA((独)国際協力機構)の普及・実証事業でベトナム社会主義共和国において法令に準拠した唯一の医療(感染性)廃棄物用焼却炉であることが実証された。ベトナム資源環境省より高い評価を得ており、ベトナム国内での普及に向けた準備が進められている。

ベトナム首相決定:環境・省エネ産業発展行動計画に従って展開を目指す

また、日越協力枠組みにおけるベトナム工業戦略と環境汚染処理対策に取り組む首相決定書が出され、国際援助等資金対策が定められたところであり、同社は、資源環境省管轄の総合的産業廃棄物処理工場建設分野の中で、同省と連携して、ベトナム経済目線の省エネ環境処理装置を開発して、製造・提供の役割を担っている。

被災地発の開発途上国の課題解決ビジネス展開として期待

同社は、現地子法人をすでに設立しており、現地製造体制の強化に伴い、現地での雇用創出が期待される。また、国内でも部品製造や技術支援協力を依頼する関連会社への発注増加等の波及効果が期待される。
福島県に所在する同社は、震災に直面したことをきっかけに、数々の環境復興策ノウハウを開発途上国に活かし、技術支援のもとベトナム経済目線の環境処理装置に普及に取り組んでいる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ