ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

松岡株式会社山形県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

伝統技術(生糸製造)から、先端技術産業と言われる航空機産業を両立

創業以来の生糸製造を継続しつつ、新たな事業展開として、機械加工・航空機内装品の製造、電子部品組立を行い、確実に事業に結びつけてきた。

代表取締役社長
氏家 昇一

基本情報

所在地:山形県酒田市字仲町20番地 代表取締役社長:氏家 昇一
TEL:0234-62-2222 設立:1887年(明治20年)
FAX:0234-62-3411 資本金:10,000万円
URL:http://www.matuoka.jp/index.html 従業員数:360名

生糸製造業として創業、航空機内装品の製造、機械加工、電子部品組立へと発展

1887年に生糸製造業として創業以来、日本を代表する高級生糸の「松岡姫」「舞妓」を製造する他、金型製造、光ピックアップ、レンズ加工と異業種とも言えるビジネスを手掛けている。近年は培った技術を活かして航空機内装品の製造・組み立てに注力。航空機のギャレー(厨房)やラバトリー(化粧室)に使用される金属部品の加工や、板金部品の加工から、軽量かつ丈夫なカーボンパネル加工、その後のユニット組立に至るまで、幅広い製造を手掛け、確実に受注を広げている。

伝統技術から先端産業という産業を両立させる類を見ないビジネスモデルを展開

今なお現役で稼働している自動繰糸機は世界遺産に認定された富岡製糸所に展示されているものと同型機である。日本を代表する高級生糸の「松岡姫」「舞妓」等、創業以来の生糸製造を継続しつつ、新たな事業展開として、機械加工・航空機内装品の製造、電子部品組立てを行い、確実に事業を発展させてきた。伝統産業から世界の先端産業に至るまで顧客の多様なニーズに応えるこの事業展開は、他に類を見ないビジネスモデルである。

酒田市のみならず、山形県庄内地域の雇用の場の確保に大きく貢献

新たな事業展開として、機械加工、電子部品組立て、航空機産業への参入など、多角的に事業を展開して、特に航空機のギャレーやラバトリーに使用される部品は酒田市にある本社工場で製造し、ユニットの組み立ては鶴岡市にある鶴岡工場で行うなど、酒田市のみならず、山形県庄内地域の雇用の場の確保に大きく貢献している。また女性従業員も多く、子育てしながら働ける環境作りに注力している「女性に優しい職場」でもある。

このページの先頭へ

このページの先頭へ