ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社ビック・ママ宮城県

  • 海外展開
  • サービス

2015

洋服のリフォームサービス業、海外1号店としてシンガポールに進出

洋服のリフォームサービス業。百貨店、ファッションビルにテナントとして出店、修理受付窓口を開設し、修理を受託。

代表取締役
守井 嘉朗

基本情報

所在地:宮城県仙台市青葉区北目町6-6 代表取締役:守井 嘉朗
TEL:022-223-5328 設立:1993年(平成5年)
FAX:022-211-7156 資本金:3,000万円
URL:http://www.big-mama.co.jp 従業員数:251名

2014年に海外1号店として、服飾修理業が少ないシンガポールに進出

洋服のリフォームサービス業である。百貨店、ファッションビルにテナントとして出店、修理受付窓口を開設し、ズボンの裾上げ、洋服の修理、セーターのほつれ修理、アクセサリーや革製品の修理を受託している。拠点の修理工場にて修理を行い、受託した受付窓口で修理品を受け渡す。東北、東京地区周辺、広島、新潟、大阪、北海道に多店舗展開している。2014年に海外1号店として、服飾修理業が少ないシンガポールに進出し、在留邦人のほか、現地需要の掘り起こしを図っている。

多店舗展開型のビジネスモデルを確立

同業他社は個人経営が多いが、同社は一早く法人化し、多店舗展開型のビジネスモデルを確立した。毎年度新規の修理受付窓口を開設しているが、採用は女性が中心である。人材確保、人材育成に積極的に取り組み、服飾専門学校の卒業生を中心にフルタイムで30名採用(2013年)するなど積極的な経営を行っている。シンガポール進出にあたっては、一定の修理需要が見込めたので、進出を決めた。

シンガポール市場における可能性

シンガポールでは、初めてのビジネスモデルであり、当面、現地日本人向けのサービスを中心に考えているが、シンガポールの現地の方々の需要も掘り起こしたいとの意欲も高い。シンガポールの在留邦人数は着実に増加しているとともに、国別で第11位と上位を占めていること、「もったいない」という言葉が世界に広がりをみせる中、環境保全活動や新価値の創出の面からも期待できる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ