ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ど真ん中・おおつち協同組合岩手県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

地域が抱える特有の課題を明らかにした上で、その解決を図る事業を実施

組合員の強みを有機的に連携させ、高付加価値な水産加工品の共同開発を行い、同開発商品を組合ブランドとしてネット上で共同販売する事業を展開。

代表理事
芳賀 政和

基本情報

所在地:岩手県上閉伊郡大槌町赤1-226赤浜加工場2番 代表理事:芳賀 政和
TEL:0193-42-5039 設立:2012年(平成24年)
FAX:0193-42-5031 資本金:1,000万円
URL:http://www.domannaka.com 従業員数:3名

水産業の復興を牽引すべく、共同の力で事業協同組合を設立

基幹産業である水産業の復興を牽引すべく、共同の力で課題解決を図ろうと有志4名が新たに事業協同組合を設立。加工施設復旧のため国の補助事業等を導入し、逸早く事業再開を果たした。水産業・水産関連業を営む各組合員の強みを有機的に連携させ、高付加価値な水産加工品の共同開発を行い、同開発商品を組合ブランドとしてネット上で共同販売する事業を展開。また、町外物産展等への共同販売促進事業を実施するほか、共同加工施設の設置と管理運営事業を実施している。

各自の強みを活かした共同開発商品を組合ブランドとして共同販売し、全国へ拡大

水産業等を営む4者が集い事業協同組合を設立、各自の強みを活かした共同開発商品を組合ブランドとして共同販売し、その販路を全国に拡げることで、今や当地復興の象徴たる商品群と成りえたことは、水産業の新たなビジネスモデルとして注眉であるとともに、新たな価値の創出・新たなブランドの創出に至っている。
当地における同組合のこうした前例のない取組は、伝統ある水産業の特色を踏襲しつつ、新たな商品開発の手法と販売手法を見出した点で、優れたビジネスモデルといえる。

地域中小企業者との連携し、水産加工業の復興と雇用の維持等に寄与

組合員企業の経営資源を組み合わせた新商品開発を実施してきた。また、町の組合員外業種(例:酒造等)と連携したコラボ商品の開発も手掛けるなど、地域中小企業者との連携活動が活発である。
基幹産業である水産加工業の復興と雇用の維持等に寄与し、地域活力の向上に本組合が果たした貢献は、業界のみならず周囲の認めるところである。

このページの先頭へ

このページの先頭へ