ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社角弘青森県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

老舗企業ながら、常に外部環境の変化に対応し、事業多角化を進めてきた

高齢化・人口流出という逆風の吹く厳しい事業環境の中で、健康食品(プロテオグリカン)の効率的な抽出方法を開発。

代表取締役社長
小田桐 健藏

基本情報

所在地:青森県青森市新町二丁目五番一号 代表取締役社長:小田桐 健藏
TEL:017-723-2222 設立:1883年(明治16年)
FAX:017-723-2224 資本金:37,800万円
URL:http://www.kakuhiro.co.jp/ 従業員数:260名

建材卸、ガソリンスタンドから、近年は健康食品市場にも進出

主に建材卸、ガソリンスタンド、健康食品(プロテオグリカン)の企画・製造・販売。主力の建材卸は震災復興及び首都圏再開発等の需要を取り込み、増収増益している。「よい商品を、より安く」をモットーに、幾多の変化に柔軟に対応しながら「建設から暮らしまで」の商品、サービスを提供して地域社会の多様なニーズに応えてきた。近年はガソリンスタンドから、成長分野である健康食品市場にも進出し、プロテオグリカン事業を立ち上げた。プロテオグリカン事業は、今後 大きな成長・発展が見込まれる。

様々な相手と連携しながら、プロテオグリカンの開発・販売を推進

長い業歴を背景に、地域に根付いた様々な企業・大学・官公庁との絆、人脈を活かし、今後 成長が見込まれる分野に進出し、事業多角化を進めることで、成長力を維持し、発展を続けている企業である。今後 飛躍が見込まれるプロテオグリカン事業も、弘前大学との共同研究により抽出方法を開発した。地元企業だけでなく、大手企業も巻き込み、様々な企業との連携により、商品開発を進めることで、事業化を強力に進めてきた結果、事業化に成功している。近年注力しているプロテオグリカン事業は、従来 廃棄されていた地元水産資源である鮭の鼻を原料としており、付加価値の高い製品である。また、県の主力産業の一つである漁業関係者の収入増にも繋がる。

同業者の殆どいない新規性高い事業分野の拡大により、新たな雇用創出輸出再開に貢献

地域の主要課題の一つは若年層の人口流出による高齢化・人口減で、県民の所得水準低いこと等が背景としてあるが、プロテオグリカン事業は同業者の殆どいない新規性の高い事業分野であり、同事業が拡大すれば、新たな雇用創出に繋がる。また、地元漁業関係者の収入増にも繋がり、地域活性化への高い貢献が見込まれる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ