ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社川島旅館北海道

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

温泉を核に健康と美肌をテーマとした商品開発、観光開発を地域一体で展開

皮膚トラブルへの効用がある温泉を生かして健康と美肌をテーマとした観光開発に取り組む。地域団体等と連携し地域全体での観光振興を目指す。

代表取締役
松本 康宏

基本情報

所在地:北海道天塩郡豊富町字上サロベツ1988番地65 代表取締役:松本 康宏
TEL:0162-82-1248 設立:2010年(平成22年)
FAX:0162-82-1270 資本金:300万円
URL:http://kawasimaryokan.com 従業員数:2名

皮膚トラブルへの効用がある温泉を生かし、健康と美肌をテーマにした新規顧客開発に取り組む

豊富温泉は日本最北の温泉郷として親しまれ、アルカリ性でわずかに黄濁のお湯は古くから「どんな傷も温泉で治る」と言われ、アトピーや乾癬等の皮膚トラブルへの効用が認められる国内唯一の温泉である。同社では、この温泉と食事、地域資源を組合せた宿泊・観光メニューを開発し、健康と美肌をテーマに新規顧客開拓に取り組んでいる。2011年度「北海道チャレンジ企業表彰」創業部門を受賞している。

地元資源を活用し温泉プリンを開発

同社では、地元の代表的な地域資源である豊富牛乳と生クリームを活用した『温泉プリン』を開発。当初は旅館の夕食後のデザートとして提供していたが、北海道商工会青年部連合会の商品力強化支援研究会に参画後に商品の価値を高め、2007年より販売を開始、翌年には楽天ネット販売部門で1位を獲得し、その後、各種展示商談会に出展等を重ねながら旅館業とは別事業で育成し、2010年に法人化に至った。2015年に首都圏でのPRとして、千葉にあるイオンモール幕張新都心にアンテナショップを開設した。この温泉プリンが来訪動機となり温泉の宿泊客も増加している。

地域団体と連携し地域全体のホスピタリティ強化

同社では、三代目女将の一生懸命に取り組む姿勢が分かるブログも若年層の女性客へのホスピタリティを高め好評である。さらに、豊富町や観光協会、商工会等と連携し、豊富温泉を含めた町内観光ツアー(サロベツ湿原観光)を企画し、地域全体でのホスピタリティを強化することで、観光入込客の増加に取り組んでいる。豊富温泉での治療に理解のある医師とのネットワークづくりや、豊富温泉ファン等によるソーシャルメディアを活用した口コミによる知名度の向上、新規顧客の開拓を実施しており、2014年には国の地域産業資源活用事業計画の認定を受けている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ