ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社カネヒロ北海道

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

地元の厳選素材を使用した、高品質・安全・安心な水産物ブランドの確立

根室に水揚げされる魚の中から厳選して鮮度の良い魚を仕入れ加工・販売。ベトナム等向けサンマの輸出に対する地域一体となった取組。

代表取締役
廣田 秀樹

基本情報

所在地:北海道根室市琴平町3-26 代表取締役:廣田 秀樹
TEL:0153-24-3419 設立:1916年(大正5年)
FAX:0153-24-8162 資本金:2,500万円
URL:http://www.nemuro-kanehiro.com/index.html 従業員数:135名

厳選した地元の高品質の原材料と素材の旨みを引き出すことにこだわった製品を製造

同社は、たらこ、からし明太子、鮭フレークで道産食品の登録番号も取得するなど、道内で水揚げされる高品質な原材料にこだわり、素材の持っている旨味を引き出すことを重視して製品を製造している。
2001年には、厚生労働省管轄の対米HACCP水産食品加工施設(鮭フレーク)として北海道より認定を受けており、HACCPの管理手法を用いた衛生的な生産活動を実施している。

海外市場での評価向上と他国製品との差別化による高品質・安全・安心なブランドの確立

同社の社長は、根室水産協会会長、根室市アジア圏輸出促進協議会副会長としても強いリーダーシップを発揮し、根室市、地元企業、漁協などと連携してベトナム向け冷凍サンマの輸出に取り組んできた。その結果、根室地域からの冷凍サンマ等の輸出量は年々増加している。
冷凍サンマの輸出に際しては、商標登録やロゴマークの作成、輸出用パッケージの導入等を実施し、海外市場での評価向上を図った。また、「高品質・安全・安心」な根室ブランドということで、台湾産や韓国産などとの差別化を図った。

海外市場向け製品の製造による地域経済の活性化、水産加工技術を通じたベトナムの人材育成に貢献

ベトナムへの冷凍サンマ輸出に取り組んだ結果、国内での根室の注目度が向上したことによる魚価の安定、従業員のモチベーションアップ、安定雇用という効果がある。また、同社の社長の強いリーダーシップのもと、地域が一体となって取り組み、地域経済の活性化に大きく貢献している。
さらに、同社は、ベトナム人技能実習生を受け入れ、水産加工技術を通じた人材育成に貢献するとともに、2国間の交流の進化・拡大にも貢献している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ