HOME > 経営をよくする > SaaS & ASP 活用術

SaaS & ASP 活用術

知っておきたいSaaS&ASPサービスの基本と特徴

04.SaaS/ASPサービスの実例(3)-会計/財務系

4.3.ドコデモ会計

拡大する
図4-18 初期画面 図4-18 初期画面

拡大する
図4-19 初期設定画面 図4-19 初期設定画面

拡大する
図4-20 勘定科目設定 図4-20 勘定科目設定

60日間無料試用がWebサイトからその場で可能です。実際の利用料は月額6,300円で、これには5人分の利用アカウント(ID)が付いています。 利用環境にはInternet Explorer5以上が必要です。サービス・レベルは特段定義されていません。

まずは簡単な初期設定が必要です。

【初期画面】

初期設定できる部分はほとんどありません。後で勘定科目設定などを使って設定を変更することができます。

【全体メニュー】

全体は「設定」、「帳票」、「集計表」という大きく三つのメニューからなっています。 日常的に用いるのは「帳票」でしょう。

【振替伝票】

この中から振替伝票メニューを選択すると、伝票入力ができます。


出納帳や残高試算表、決算書など、各種帳票は直接印刷するか、CSV形式で出力できます。CSVで出力すれば、Excelなどに読み込ませて、各種資料の元データとして使うことができます。

拡大する
図4-21 勘定科目編集 図4-21 勘定科目編集

拡大する
図4-22 全体メニュー 図4-22 全体メニュー
拡大する
図4-23 振替伝票入力図4-23 振替伝票入力

4.4東京会計プライマリ版

3ヶ月間無料試用がWebサイトから申し込めます。試用アカウントは数日後にメールで送られてきます。実際の利用料は月額3,150円(12人まで)で、初期費用が10,000円です。

有償の導入サポートや入力指導、各種設定サービスなどもありますが、メールや電話によるサポートがある程度無償で提供されています。利用環境にはInternet Explorer6以上が必要です。

サービス・レベルは特段定義されていません。通信はSSLを用いて暗号化されています。

拡大する
図4-24 出納帳入力(現金・預金) 図4-24 出納帳入力(現金・預金)

拡大する
図4-25 出納帳入力(現金・預金) 図4-25 出納帳入力(現金・預金)
【全体メニュー】

情報量は多いですが、表示は分かりやすく機能の選択に迷うことはありません。

【伝票入力】

日常的な伝票入力は、紙の伝票を模した入力画面になっています。

各種帳票類、書類を印刷する場合は、それぞれの表示・印刷メニューから印刷を指定するとPDFファイルがダウンロードできるようになります。現時点では データのCSV形式などによる出力はできないようです。

4.5まとめ

現状の会計系ASPは、基本的にはパッケージ版会計ソフトウェアをネットワーク越しに提供しているものと捉えることができます。パッケージ版会計ソフトウェアにさまざまなレベルや種類があるように、会計系ASPにもさまざまなレベルや種類があります。最初に挙げたいくつかの条件を吟味して選択するならば、会計系ASPはパッケージ版会計ソフトウェアに対する有効な選択肢のひとつであると考えられます。

しかし、いくつかの問題点もあります。ひとつはサービス・レベルがはっきり定義されていない場合が多いことです。サービスはどの程度の信頼性で提供されるのか、サービスが動作しない場合にはどのようにしてそれを補償するのか、がまだはっきりしていません。

ASPを利用するということは、ハードウェアなどのインフラを含めて運用をアウトソースするということです。しかしインフラが100%完璧に動くということはそもそもあり得ないのですから、ASPベンダは動かないこともあり得るという前提でサービスを組み立てる必要があります。そういう意味ではASPベンダの中にはまだそこまで意識が届いていないところもあるようです。

もう一つは、せっかくWeb技術を使っていながら、専用ネットワークを使ったサーバ・クライアント形式のシステムと何ら変わりないサービスが多いということです。インターネットを使えば、専用ネットワークに較べてコストは劇的に下げることができますが、信頼性や安全性は低下します。Web技術の良さはそれだけではないはずです。

これからはぜひ他のWebサービスとの連携、社内のビジネス・プロセス改革につなげられるような機能など、単なる「Webブラウザ上で使う従来式会計ソフトウェア」だけではないものを期待したいところです。そのためにはASPベンダもシステムのアーキテクチャから考え直す必要があるように思われます。

ただし、米国での会計系SaaS/ASPの進化を見ても、日本とはそもそもの文化が異なるとはいえ、これからこの分野は激しく変わっていくことが十分に予想されます。


1|2

知っておきたいSaaS&ASPサービスの基本と特徴目次

  1. 01.さまざまなシステム導入方法 - SaaS/ASP (1)[2008年2月22日]
  2. 02.SaaS/ASPサービスの実例 (1)-オフィス系(google、zoho)、グループウェア系(Cybozu)[2008年5月27日]
  3. 03.SaaS/ASPサービスの実例(2)-業務系(SalesForce)[2008年5月27日]
  4. 04.SaaS/ASPサービスの実例(3)-会計/財務系[2008年7月4日]
  5. 05.オープン・ソース・ソフトウェアとユーザ指向 〜SaaS/ASPの先へ[2008年8月12日]
Copyright(c)Metabolics,ltd. このコンテンツの著作権は、(有)メタボリックスに帰属します。著作権者の承諾なしに無断で転用することはできません。