HOME > ニュースを見る > 中小企業景況レポート

中小企業景況レポート 中小機構が1万9千社を対象に調査する、中小企業の景況調査です。

最新のレポート

第150回中小企業景況調査【平成29年10~12月期】
~中小企業経営者は、今の景気をどのように感じているのか~

2017年10-12月期の中小企業景況調査は、全産業の業況判断DI(前期比季節調整値)が▲14.4(前期差0.4ポイント増)となり、2期ぶりに上昇に転じ、緩やかな改善基調が続いている。その一方で、人手不足が深刻さを増しており、全産業の従業員数過不足DI(今期の水準)は、▲20.6(前期差1.9ポイント減)と、6期連続して不足感が高まっている。こうした中、今期調査に寄せられたコメントからは、人手不足感の高まりとともに、全国の中小企業において経営者や社員の高齢化が深刻化しており、その影響を受け、廃業も身近な問題となりつつあることが伺える。

過去のレポート一覧

このページの先頭へ