本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

経産省、不正競争防止法改正を検討-データ不正取得に損害賠償

 経済産業省は19日、データの不正取得行為に対して損害賠償や差し止め請求を行えることを視野に、不正競争防止法改正を検討すると発表した。同時に企業間のデータ利活用などに関するガイドライン(指針)を策定し、契約に基づき企業間でデータ利用権限を適正・公平に取り決める仕組みを明確にする。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)の活用が進み、権利関係が複雑化する第4次産業革命に対応した措置。

 経産省と特許庁が知財、データ、標準の3次元複合戦略策定を目指し、2016年10月から進めてきた「第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会」報告書に盛り込んだ。

 特許庁は17年度内に分野横断的なIoT関連発明に対応する審査体制を整備するほか、ビジネス関連発明の特許活用方法を整理する。AI創作物に関しては権利化まで複数のモノが関与し得るとし「当面人間の関与が必要」と判断、権利は人間に与える方針。

 また、標準規格にのっとった製品を出す際に不可欠な特許(標準必須特許)をめぐり、特許権を用いて事業会社から巨額な特許使用料や和解金を得ることを目的としたパテント・トロールが横行する恐れに対応し、行政が適正なライセンス料を決定する新たな紛争解決制度を導入する。

[2017年4月20日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ