本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


地域ビジネスを追う

あの街この街実力企業(65)ホープインターナショナルワークス-洋服お直し、縫製場とカフェ併設

 ホープインターナショナルワークス(大阪市西区、高村三礼社長、06・6536・8700)は、アパレルのOEM(相手先ブランド)生産やODM(相手先ブランドの設計・製造)をメーンに製品の輸出入や営業代行などを手がける。縫製技術を強みに発注側の要望を聞き、工場へ技術向上の提案も行う。

 同社は新たな展開としてファッション性を重視した洋服リフォーム業を始動。日本政策金融公庫の融資を受け、洋服のお直し&カフェ「サロン・ド・リデザイン・クローゼット・ドット・ネット」を開設した。縫製場とカフェを併設し、デザイナーがニーズを聞く。高村社長は「クローゼットの洋服を捨てずに、もう一度デザインし直して着てもらう」と事業の狙いを語る。将来は継続的な顧客管理とともに、インターネットを介した注文や販売が可能なシステム構築を目指す。

【エール/日本政策金融公庫・中村雅之大阪西支店長】

 工場と繊維商社の良い所をミックスした独自のビジネスモデルを構築している。このソーイングファクトリー機能を発展させるため、洋服をリデザインするカフェ併設のサロンも開設した。今後もさらなる成長が期待できる。

[2016年10月17日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ