本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

大商、AIビジネス創出支援で研究会-関西の拠点に

 大阪商工会議所は産業技術総合研究所の人工知能技術コンソーシアムの関西支部を会議所内に置くとともに、会議所としても「人工知能ビジネス研究会」を新設する。関西支部で30―40社の会員獲得を目指す。両組織とも25日に立ち上げ、一体運営する。人工知能(AI)のビジネス活用を促進するのが狙い。

 産総研の人工知能技術コンソーシアムは2015年5月に設立。関西支部は初めての支部となる。9月末現在で一般会員48社のうち関西企業はオージス総研(大阪市西区)、シナジーマーケティング(同北区)など6社以上で、関西に拠点を求める声が会員から出ていたという。

 同コンソーシアムでは七つのテーマで作業部会を設け、実証プロジェクトに取り組んでいる。関西支部では作業部会の活動を通じて企業連携を支援していく。同時に新設するAIビジネス研究会では会議所会員に対してAI情報を提供する。

[2016年10月14日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ