本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


人物にフォーカス

さあ出番/大高商事社長・伊原修氏「環境関連商品に商機」

 ビル清掃を起点に、ファシリティーマネジメント業へ進化を図る大高商事の3代目社長に就いた。創立52年目でバトンを託した岳父、高橋和夫会長(前社長)との二人三脚で「顧客や取引先、従業員らを大切にしながら、新たな領域を取り込む」と意欲をみせる。

 北関東を中心に、図書館の指定管理業務や病院の給食業務受託など事業を広げ、2016年6月期売上高は30億円を突破した。「今後、空気清浄器具など環境関連商品の開発や販売を伸ばしたい」というのが、持続的成長に向けた経営方針だ。

 座右の銘は「易不易」で、潮目を読み、変えるべきものは変える覚悟だ。学生時代の新聞配達で忍耐力を培った。家族は夫人と二人の息子。「農家の生まれだから、自然と触れ合うとほっとしますね」と笑う。(栃木支局長・山中久仁昭)

【略歴】90年(平2)横浜市立大商卒、同年三菱電機ビルテクノサービス入社。03年大高商事入社、05年総務部長、07年専務。群馬県出身、49歳。9月28日就任。(宇都宮市宝木本町1474の5)

[2016年10月14日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ