本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

サントリー食品、国産最軽量のボトルキャップ-CO2排出27%減

 サントリー食品インターナショナルは飲料用ペットボトル向けに、国産最軽量となる1・85グラムで、植物由来原料を3割使用したキャップを開発した。第1弾で天然水南アルプス白州工場(山梨県北杜市)でつくる「サントリー南アルプスの天然水」の自動販売機用550ミリリットル商品に導入を始めた。順次、他の天然水ブランド商品にも広げていく。軽量化により、二酸化炭素(CO2)排出量を約27%削減できる。環境保全対応をアピールする。

 従来の最軽量はやはり同社が開発した、2・05グラム(直径30ミリメートルサイズ)だった。今回の軽量化はキャップの天井部分を、密封性と再栓性を落とさぬまま薄肉化することで実現した。植物由来原料は、植物原料エタノールから生産したポリエチレンを使っている。

[2016年10月 6日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ