本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

経産省、ロボット国際競技大会の開催地を募集

 経済産業省は4日、2020年開催のロボット国際競技大会の開催地の募集を始めた。対象は地方公共団体。6万―7万平方メートル程度の敷地や、延べ5万人規模の観客を収容できる施設を確保しているなどの要件を満たす必要がある。応募は31日まで。年末までに採択先を公表する。

 同日、競技会の正式名称を「ワールド・ロボット・サミット」に決めた。応募者には、屋内外でロボットの実演が可能な1万平方メートル以上の敷地も確保するよう求める。

 競技会では工場内の組み立てや小売店舗などでの商品陳列、トンネル事故災害対策といった実用化に直結した競技を行う予定。

 また同大会では、これとは別に小さな敷地で競技会を開く意向で、別途公募する。18年開催のプレ大会は公募せずに開催地を決める。

[2016年10月 5日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ