本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

経産省、第7回「ものづくり日本大賞」候補者募集を開始

 経済産業省は29日、第7回「ものづくり日本大賞」の受賞候補者募集を始めると発表した。目玉は、新部門「ものづくり+(プラス)企業」。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ロボット、ビッグデータなどを活用した生産革新にとどまらず、保守点検サービスなどソリューション提供者になるビジネスモデル変革を評価する。

 「人材育成支援部門」も新たに設立した。青少年育成支援や第4次産業革命に呼応したデジタル化対応の人材育成などに積極的な企業を表彰する。「製造・生産プロセス部門」「製品・技術開発部門」「伝統技術の応用部門」を含めた合計5部門で受賞候補者を募る。

 募集締め切りは12月18日。2017年秋に表彰式を開く予定。専用ホームページで応募書類をダウンロードできる。

 同賞は、モノづくりの第一線で活躍する人物を顕彰する内閣総理大臣表彰。経産省が国土交通省、厚生労働省、文部科学省と連携し隔年で開催している。過去6回累計で、3100件の応募から、38件の内閣総理大臣賞、99件の経済産業大臣賞を選出した。

[2016年10月 3日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ