本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


ITニュース

総務省、MVNO向け接続料の適正化を検討

 高市早苗総務相は27日の閣議後会見で、仮想移動体サービス事業者(MVNO)向け回線接続料の算定方法を見直す方針を明らかにした。接続料の算定方法の一部について「携帯電話事業者の裁量で決まる余地があり適正化する。そのルールを整備し、市場の競争環境を高める」と述べた。総務省は検討会を10月6日に立ち上げ、11月上旬までに3回程度開催。報告をまとめる。

 MVNOは、NTTドコモなど携帯電話会社から回線を受け、格安なサービスを提供する事業者。MVNOが携帯電話会社に支払う接続料を適正化することで、MVNOのコスト負担を軽減。より低廉なサービスが普及するようにする。

[2016年9月28日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ