本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

京セラ、千葉・市原の水上メガソーラーを来年度後半に稼働

 京セラは26日、千葉県市原市の山倉ダムに設置する日本最大の水上大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場を公開した。2017年度後半の稼働を目指し、太陽電池パネルを浮きのような台に載せ、水上に並べる作業を続けている。完成すると出力は1万3700キロワットとなり、中規模のメガソーラー並みの大きさになる。

 「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」は、京セラと東京センチュリーリースが共同出資する京セラTCLソーラー(東京都千代田区)が運営する。現在は3万枚以上の設置が終わった段階だ。最終的には5万904枚が湖面に並ぶ。

 パネルを載せた浮きは水上を所定の位置まで運び、湖底に打ち込んだアンカーとワイヤで連結させて係留する。揺れることはあっても流されたり転覆したりすることはない。

 メガソーラーを建設できる土地が少なくなり、水上の利用が始まっている。京セラTCLソーラーは兵庫県や三重県で、合計4カ所の水上ソーラーを稼働させている。今後3年で10件の新設を目指す。

[2016年9月27日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ