本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

京セラ、家庭に蓄電池500台設置-仮想発電所を実際に近い環境で検証

 京セラはエナリス、KDDIと共同で取り組む仮想発電所(バーチャルパワープラント)の実証事業で、12月末までに蓄電池を最大で500台設置する。仮想発電所の実証での蓄電池の活用数としては、最大規模と見られる。家庭にある蓄電池の放電で電力不足を解消する仮想発電所を、実践さながらの環境で検証できそうだ。

 京セラとKDDIは、エナリスが経済産業省から採択されたバーチャルパワープラント構築実証事業に参加する。エナリスは点在する小さな電源を束ね、全体の電力需給を調整する「アグリゲーター」を担う。

 電力が不足するとエナリスからKDDI経由で、家庭にある京セラ製蓄電池に放電を指示する。

 京セラは蓄電池の設置を担当。KDDIが販売する電力「auでんき」を契約する家庭に蓄電池購入を勧め、実証事業への参加を促す。制御は2017年1―2月に実施する。

 蓄電池1台の放電が出力2・5キロワットでも、500台を束ねると1250キロワットの電力を生み出せる。より多くの蓄電池が集まることで、火力発電所を緊急稼働させずに電力不足を解消できる。

 他の実証では蓄電池大手のエリーパワー(東京都品川区、吉田博一社長、03・6431・9041)が、関西電力の仮想発電所実証事業に参加し、10数台を設置する。エプコと福岡県みやま市の実証では、80台の蓄電池が使われている。蓄電池は節電や非常用電源として利用されているが高価。仮想発電所が実現すると使用頻度が増えるため、普及やコストダウンにつながると期待されている。

[2016年9月26日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ