本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

環境報告・会計ガイドライン、来年度に一括改訂-有識者研究会立ち上げ

 環境省は2017年度、環境配慮促進法に基づき策定・公表している企業向けガイドライン(指針)である「環境報告ガイドライン」および「環境会計ガイドライン」を一括改訂する。現行の報告ガイドラインは12年度版で5年ぶり、会計ガイドラインは05年度版で12年ぶりの改訂となる。近く有識者による研究会を立ち上げ、16年度末までに改訂の方向性を取りまとめる。

 両ガイドラインとも前回の改訂からかなりの期間が経過し、「(新たな地球温暖化対策の)パリ協定に象徴されるようにステークホルダー(利害関係者)と、求められる環境情報が大きく変化している」(総合環境政策局環境経済課)ことが背景にある。「事業者とステークホルダーの対話促進に役立つツールとしての規範性が低下している」(同)との認識から、一括改訂するもの。

 設置する研究会は「環境報告ガイドライン及び環境会計ガイドライン改訂に向けた研究会(仮称)」。16年度内に4回程度会合を開く計画だ。

 機関投資家の行動を規定したスチュワードシップ・コードや、企業統治指針のコーポレートガバナンス・コードが導入され、国内でも非財務情報開示への関心が高まりつつある。

 また、欧米を中心に環境分野を含む非財務情報の開示基準や、フレームワーク(枠組み)が相次いで公表されており、両ガイドラインを一括改訂して追随し、国内企業の利便性を高める。

[2016年9月23日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ