本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

厚労省、医療機器流通を効率化-5年ぶり懇談会

 厚生労働省は、医療機器の流通を効率化する検討を始める。「医療機器の流通改善に関する懇談会」を30日に開催し、具体策を詰める。同懇談会の開催は2011年6月以来、約5年ぶり。バーコード活用の進捗(しんちょく)を確認し、流通経路や輸送効率などを見直す。医療機器の流通改善は、政府の経済財政運営の基本方針である「骨太の方針」にも盛り込まれており、検討を本格化させる。

 医療機器の流通改善に関する懇談会は、これまでに卸会社や医療機関における医療機器のバーコード利用を促してきた。利用がどの程度進んでいるかを確認する。バーコードを導入すれば、目視で行っている入出荷の検品作業の効率化や、有効期限の来た不良在庫の削減などの効果が見込める。懇談会ではさらに、卸事業者が入り組む流通経路の見直しも検討対象とする見込み。

 また、医療機器の輸送効率向上も検討対象とする考え。医療機器・医療材料は、もともとサイズや形状が多種多様で、多品種・少量になる傾向が強い。流通上の製品管理や医療機関の在庫管理を難しくさせている要因となっている。結果として、多くの品種を少量で頻繁に輸送、配送しており、効率が悪くなる。配送のロット(単位)をまとめる方法が、検討視点の一つになる見込み。

[2016年9月20日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ