本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


中小企業にフォーカス

ちょっと訪問/基陽-職人の声で安全保護具改良

 安全保護具メーカーの基陽は安全帯や工具袋などを手がける。職人の間では、光剣と鉾(ほこ)の頭文字から取った「KH」のブランドで知られる。藤田尊子社長は「こんな製品が欲しかったと職人に言ってもらえるのが喜び」と話す。

 製品すべてにアンケートはがきを入れている。「声を聞いて一歩先(の製品)をつくる」(藤田社長)ためだ。さまざまな要望を受け、きめ細かな製品改良に生かす。自由記述欄の一言から潜在ニーズを掘り起こすヒントを得ることもある。

 基陽の製品が兵庫県の「ひょうご新商品調達認定制度」に認定されたり、日本デザイン振興会の「グッドデザイン賞」金賞に選ばれるなど数々の実績もある。今後も安全、安心を形にした製品を通じて職人の思いに応えていく。(神戸)

▽所在地=兵庫県三木市別所町小林477の10、0794・82・2304▽資本金=1000万円▽売上高=10億円(16年7月期)▽従業員=30人▽創業=75年(昭50)1月

[2016年9月20日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ