本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

新ビルCO2ゼロへ-トヨタ、純水素燃料電池導入し実証実験

 トヨタ自動車は12日、愛知県豊田市の本社工場敷地内で8月に竣工したビルに水素を直接投入して発電する純水素燃料電池を導入し同日、実証運転を始めたと発表した。太陽光発電と蓄電池を組み合わせたエネルギー管理システムにより、新ビルの二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを目指す。トヨタが燃料電池で発電した電気を建物で利用するのは初めて。

 東芝が小規模オフィス向けに開発した出力3・5キロワット定置式純水素燃料電池を導入。太陽光発電とハイブリッド車(HV)「プリウス」の使用済み電池を再利用した蓄電池を組み合わせた。

 新ビルは本社地区の工場や事務棟の電力使用状況を管理するエネルギー管理棟。そこで使用する電気をすべて燃料電池と太陽光発電による電気で賄うことを目指す。今回の実証結果を踏まえ今後、工場での燃料電池導入を進める方針。

 トヨタは2050年に世界の工場でのCO2排出ゼロを目指す「工場CO2ゼロチャレンジ」を公表しており、水素利用はその一環。

[2016年9月14日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ