本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

大ガス、関東・中部で電力小売り-LPGセット販売

 大阪ガスは関東、中部で家庭向け低圧電力小売りに乗り出した。関西電力エリア外での電力小売り参入は初めてとなる。子会社のLPG(液化石油ガス)販売会社2社を通じて自社のガス顧客向けに、割安な電気をセットで供給する。今春の電力小売り自由化後、LPG事業者間の顧客争奪が激化。離脱防止のためには電力とのセット販売が必要と判断した。

 大ガスが電力小売りを始めたのは、関東一円が販売エリアの日商ガス販売(東京都東村山市)と、三重県を販売エリアとするダイヤ燃商(津市)。売上高は各社40億円前後とみられる。ともに「大阪ガスの電気」の取次店として、電力とのセット提案を開始した。

 電気料金はそれぞれ東京電力エナジーパートナー、中部電力の家庭向け従量電灯料金より安価に設定し、長期契約に対する割引も用意した。自社電源を持たない東京電力パワーグリッド管内では、主に電力卸取引所からの調達で対応する。

 中部電力管内で展開するグループの都市ガス会社、名張近鉄ガス(三重県名張市)でも電力小売りの準備を進めている。また、ほかのLPG子会社では、エリアの競争環境に応じて、電力小売りを検討していく見通し。

 大ガスは7月末までに取り次ぎや代理などを含めて17万件の低圧電力顧客を獲得し、初年度目標の20万件達成を間近にしている。一方で電力販売先を顧客と接する基盤のあるところに限定する。このため関電エリア外では、現時点で自社顧客以外への販売計画はない。

[2016年9月12日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ