本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

7月の景気動向、一致指数0.7ポイント上昇-「熊本」復旧、車が出荷増

 内閣府が7日発表した7月の景気動向指数(2010年=100、速報値)によると、足元の景況を示す一致指数は112・8と、前月比で0・7ポイント上昇した。上昇は2カ月連続。熊本地震の影響を受けていた自動車などの出荷が、被災地の復旧につれて回復。加えて猛暑によりエアコンや冷蔵庫などの出荷が増えたことも指標を押し上げた。ただ一致指数の基調判断は「足踏みを示している」とした前月の判断を据え置いた。

 一致指数の上昇に最も寄与したのが耐久消費財出荷指数。同指数は前月比7・0%上昇と2カ月連続で上昇し、一致指数へのプラスの寄与度は0・54。普通乗用車・軽自動車や2輪車、さらにエアコン、冷蔵庫などの出荷が堅調に推移した。

 このほかプラスに寄与したのが商業販売額(小売業)、鉱工業用生産財出荷指数、生産指数(鉱工業)。鉱工業用生産財出荷指数は鉄鋼や化学、輸送関連業などが上昇した。

 一方、マイナスに寄与したのが有効求人倍率(学卒を除く)、商業販売額(卸売業)、投資財出荷指数(輸送機械を除く)だった。

 先行指数は前月比0・7ポイント下降の100・0で、2カ月ぶりの下降。消費者マインドを示す消費者態度指数が同0・8ポイント下降と3カ月ぶりに下降。先行きは楽観できない。

[2016年9月 8日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ