本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

リバネス、浜野製作所に資本参加-VB育成に注力

 リバネス(東京都新宿区、高橋修一郎COO、03・5227・4198)は、浜野製作所(東京都墨田区、浜野慶一社長、03・5631・9111)に資本参加し、研究開発型ベンチャー企業(VB)のモノづくり支援の強化で合意した。リバネスが発掘・育成する国内外のVBを浜野製作所が持つ町工場のネットワークに結びつけてVB育成に注力。海外VBの日本進出を促すと同時に、日本の町工場が持つ"技術力"の海外進出を目指す。

 浜野製作所は第三者割当増資を実施し資本金を1000万円から1500万円に増資。増資分500万円をリバネスが引き受けた。浜野製作所はリバネスの関連会社となる。

 リバネスは2013年から研究開発型VBの発掘・育成を行うプログラム「テックプランター」を展開。知識やアイデアを形にするモノづくりの技術・ノウハウが不足しているVBの支援のため、14年に浜野製作所と業務提携。同社が運営するVB支援施設「ガレージスミダ」を主拠点に、VBの試作品開発を支援してきた。

 こうした取り組みを今回の資本提携でさらに強化する。ガレージスミダで培ったモノづくりVBと町工場をつなぐハブ機能を活用して、国内外のVBの試作品開発や量産技術開発を日本の町工場が担い、世界の課題を解決することを目指す。

 リバネスの丸幸弘CEOは「海外VBを日本に呼び込み、日本での株式上場や海外輸出を目指す"インバウンドグローバライゼーション"を実現したい。この資本連携が町工場から世界に発信するのろしになればいい」と強調。浜野製作所の浜野慶一社長は「これからの時代、企業連携は資本から新しい道にチャレンジすることが必要だ」と話した。

[2016年9月 5日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ