本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


中小企業にフォーカス

ちょっと訪問/ファンペップ-強みは創薬候補物質

 ファンペップは弁護士の資格を持つ平井昭光社長や、製薬会社出身の優秀な人材が集まる大阪大学発ベンチャー。阪大で研究開発した抗菌ペプチドAG30の基盤技術を活用する。7月に森下仁丹と創傷被覆材の商品化で提携し、塩野義製薬の難治性皮膚潰瘍治療薬の開発など製薬や化粧品メーカーとライセンス契約などを締結する。

 平井社長は「当社は足の長い医薬品、足の短い化粧品、中間の医療機器を組み合わせた研究開発のパイプライン(創薬候補物質)を持つのが強み」と話す。

 5月に森下仁丹との共同開発品「食卓用除菌スプレー」と「マウスウォッシュ」を発売。研究開発中の「抗体誘導ペプチド」は高価な抗体医薬品の代替として、糖尿病治療への効果などが期待されている。

▽所在地=東京都渋谷区千駄ケ谷5の8の4、03・5315・4200▽売上高=1億7500万円(2015年12月期)▽資本金=4億300万円▽従業員=9人▽設立=13年(平25)10月

[2016年9月 5日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ