本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


官公庁ニュース

経産省、株主総会の日程柔軟に-法人税の申告期限見直しへ

 経済産業省は2017年度の税制改正要望で、株主総会の期日設定を柔軟化するため、法人税の申告期限の見直しを盛り込んだ。法人税法上、内国法人は一般に「決算日から3カ月以内(原則は2カ月以内)」に確定した決算に基づき、申告しなければならない。企業と投資家の対話を促進するための環境整備として法人税の申告期限延長を要望している。

 会社法上、会社は柔軟に総会日を設定できる。ただし、法人税法上では3月決算企業は一般に6月末までに法人税を申告しなければならず、株主総会で決算を確定しなければならない場合は、申告期限に間に合わないリスクが生じる。

 現状、決算日から定時株主総会までの日数は、諸外国が平均4―5カ月なのに対し、日本は同2・8カ月と短い。

 総会日が集中するなどにより、株主・投資家の対話期間や企業の情報開示期間が十分ではないといった指摘があるという。

 経産省は解決策として総会日を7月以降にすることが有効とみている。

[2016年9月 2日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ