本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

日本鉄鋼連盟とNEDO、水素還元高炉を公開-16年度から実証研究

 日本鉄鋼連盟と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は23日、二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた水素還元の実証用試験高炉を公開した(写真)。新日鉄住金君津製鉄所(千葉県君津市)の一角に高さ約12メートルのプラントを建設。大型実用炉の400分の1以下の規模となる内容積12立方メートルのミニ高炉で、2016年度から2年にわたり、実証研究を行う。

 両者が共同で取り組む「環境調和型製鉄プロセス技術開発(コース50)」の一環。現在の製鉄法は炭素(コークス)によって鉄鉱石を酸化還元しているため、大量のCO2が発生する。その一部を水素還元に代替することでCO2排出量の10%削減を目指す。

 試験は1回当たり3―4カ月かけて行い、2年で4回実施予定。最初の試験は6月に始める。操作条件や水素の最適な配合比率などの技術を確立する。16年度後半にはもう一つの開発テーマ「CO2の分離回収」と連動させる。

 プロジェクトリーダーの上野浩光新日鉄住金執行役員は「この2年で、狙った方向が正しいのかを確証していく」と述べた。

[2016年3月24日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ