本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


主要ニュース

ゆうちょ銀行の預入限度額、上限1300万円に-政府閣議決定

 政府は22日、ゆうちょ銀行の預入限度額を現行の1000万円から1300万円に引き上げることを盛り込んだ郵政民営化法の政令改正案を閣議決定した。かんぽ生命保険の加入限度額も現行の1300万円から2000万円に引き上げる。4月1日に施行する。政府の郵政民営化委員会(増田寛也委員長)が2015年12月にまとめた報告書に沿った内容で、引き上げはゆうちょ銀が91年以来25年ぶり、かんぽ生命は86年以来30年ぶりとなる。

 限度額の引き上げは、今年夏の参院選をにらむ自民党が、金融機関が少ない地方の利用者の利便性が向上するとして求めていた。15年6月には、ゆうちょ銀の預入限度額を段階的に3000万円に引き上げる提言をまとめた。

 これに対し地方の金融機関などは、預金が流出して経営が悪化することを懸念し、反発。そのため民営化委は15年12月、上げ幅を300万円に抑えて引き上げを容認した。

 民営化委の増田委員長は、民間金融機関から大量の資金シフトがないことを確認できれば、1、2年後にゆうちょ銀の預入限度額の再引き上げを検討する考えを表明している。

[2016年3月23日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ