本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

出光、大分にバイナリー式地熱発電所を建設

 出光興産は大分県九重町で、バイナリー式地熱発電所の建設に着手した。2017年3月の運転を目指す。バイナリー発電には地下からくみ上げた蒸気や熱水が低温でも発電に使える利点があり、事業化が増えている。

 出光の計画では出力が5050キロワットと、バイナリー発電所としては国内最大級になる。電力は「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度」(FIT)に基づいて九州電力と、傘下の新電力の出光グリーンパワー(東京都千代田区)が買い取る。

 子会社の出光大分地熱(大分県九重町)を通じて発電所を建設し運用する。同子会社は、これまでも九州電力と共同で運営する地熱発電所「滝上発電所」(同、出力2万7500キロワット)に、発電用の蒸気を供給してきた。

 バイナリー式地熱発電は地下からくみ上げた蒸気や熱水で、沸点が低い媒体を加熱して蒸気をつくり、タービンを回す仕組み。

[2016年3月 8日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ