本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > ニュースを見る > 中小企業ニュース

中小企業ニュース


環境ニュース

経産省、化学物質情報伝達の新スキーム運用の賛同企業を募集

 経済産業省は化学物質情報伝達の新スキーム「chemSHERPA」(ケムシェルパ)の運用に賛同する企業の募集を始めた。25日まで電子メールで受け付け、3月末に公開する。経産省トップページにある関心の高いキーワードの「化学物質管理」をクリックし、「ケムシェルパの賛同企業を募集について」を開くと応募方法が分かる。すでに賛同表明したキヤノン、ソニー、NEC、TDK、富士フイルム、リコー、旭化成、花王、三菱化学など58社・団体が公開されている。

 スキームは企業が取引先へ製品に含まれる化学物質情報を伝える共通ルール。複数のスキームの乱立を解消しようと経産省が主導してケムシェルパを開発し、2015年秋から情報を書き込むデータ作成支援ツールを配布している。

 ケムシェルパの利用企業が増えると、複数のスキームを使い分ける負担が減ってサプライチェーン全体の競争力強化が期待できる。キヤノンは17年上期に既存スキームから移行する予定だ。

[2016年3月 3日]

経営に役立つ旬のテーマを特集しています。 J-Net21「特集

RoHS指令電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を禁止したRoHS指令や、その関連情報について解説します。

Reach規則従来の化学物質関連規則を統合するEUの環境規則、REACH規則について解説します。

中小企業の方を対象として、環境関連や省エネ、REACH、RoHSに関する質問を受け付けています。
中小機構「環境・安全・省エネに関する無料相談


前の記事へ次の記事へ

Copyright (C) THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.日刊工業新聞社がネットワーク上で提供するコンテンツの著作権は、原則として、日刊工業新聞社に帰属します。新聞の著作権と同等です。従いまして、著作権者の承諾なしに、無断で転用することはできません。


このページの先頭へ